EQ(こころの知能指数)

【性格診断】『EQ適性検査』で自己分析!【EQ】

【BIG5-BASIC】が性格診断をやってみた!株式会社シーズの『EQ適性検査』編

株式会社シーズの『EQ適性検査』はEQ診断の検索結果第2位の診断サイトです。

『EQ適性検査』は、問題数は25問、所要時間は5分程かかりました。「ほとんど当てはまらない」「やや当てはまらない」「やや当てはまる」「かなり当てはまる」の5つの中から1つを選び回答します。

 

※他の性格診断にも興味がある方は 下記の比較記事もあわせてお読みください。

【2022年厳選版】無料でできる性格診断テスト「おすすめ10選」ネットでできる無料【性格診断】おすすめ10選 これまでWEB上で無料でできる本格的な性格診断サイト(22サイト)を紹介してきましたが、...

 

『EQ適性検査』でわかること

『EQ検査』の目的

EQ適性検査』は、性格や行動などを「良い」「悪い」と判断するものではなく、行動傾向を数値で把握するものです。自分の自覚や周囲の認識のギャップをしることで、行動を変化させ、状況のコントロールを図る為の指標となるものです。

『EQ検査』の測定項目

1.私的自己意識

他人からは観察できない自分の内面に対する意識です。感情の動きなど、自分がどんな人間なのかを知ろうとする程度を測定しています。

2.社会的自己意識

言葉遣いや態度などを元に、自分が周囲にどの様な人間に見えるかを知ろうとする程度を測定しています。

3.抑鬱性

精神的な落ち込みや自己嫌悪、自己非難など、自分自身に対する否定的な態度、あるいは興味関心の喪失や不満足感、疲労感などを抑える力を測定しています。

4.特性不安

不安の感じ易さのことです。人は誰でも新しい状況におかれると一時的に不安になります。ここでは、不安の感じ易さと、その程度を測定しています。

5.自己コントロール

普段の自分の心の動きのコントロール力を測定しています。怒りや嫌悪感、不安などの否定的な感情をコントロール出来ないと、良好な人間関係の維持が困難です。

6.ストレス対処

ストレスに適切に対処する力を測定しています。ストレスの原因をどのように受け止めて対処するかで、健康に及ぼす影響が大きく異なっていきます。

7.精神安定性

精神の安定性とは、感情を激しく揺さぶられるような状況でも精神的に動揺せず、冷静沈着に対処できる心理状態をさします。感情的に冷淡・鈍感とは異なります。

8.セルフエフィカシー

人は物事を始める前に、上手くやり遂げられるかを考えます。その「できる」という信念の強さを測定します。これは自尊心の高さと密接に関連しています。

9.達成動機

達成動機の強さを測定しています。達成動機とは、困難なことを目標として、これを達成しようとする意欲のことです。物事に対する「ヤル気」とも言えます。

10.気分充実度

精神的なエネルギー力を測定しています。物事を成し遂げようとする意志の力を示します。

11.楽観性

どのような状況の時にも、物事の否定的な側面よりも肯定的な側面に注目できる素養です。将来について明るい見通 しを持つ程度を測定しています。

12.情緒的表現性

喜び、あるいは怒りなど自分が感じている喜怒哀楽を外に出して、相手に伝えようとする傾向がどの程度あるかを測定しています。

13.ノンバーバルスキル

思いや感情を顔や体の動きを使って相手に伝えるノンバーバル(非言語的)コミュニケーションを、意図的に行うかのスキル測定しています。

14.自主独立性

安易に人を頼ったり同調したりせず、物事を主体的に、自分の責任において推し進める傾向や他人からの保護や干渉から自由でいたい欲求の程度を測定しています。

15.柔軟性

考え方や感じ方の柔らかさや、しなやかさを測定しています。とらわれることなく自由な発想ができること、状況に応じた適切で迅速な行動ができることが柔軟性です。

16.自己主張性

自己主張の程度を測定しています。自分の意見や判断を相手に素直に伝える傾向のことです。一方的に自分の意見や判断を相手に押しつけることではありません。

17.対人問題解決力

人間関係で生じるさまざまなトラブルを解決できる”問題”と捉え、その解決策を見いだし、実行するスキルを測定しています。

18.人間関係度

他社と新たに関係を作ったり、既にできている関係を良好な形で維持し発展させてゆこうと積極的に考え、それを実践しようとする程度を測定しています。

19.オープンネス

周囲から個人的な話をされ易い人物であるか否かを測定しています。他人に心を開いている人は、相手を安心させ、相手の心も開かせます。

20.情緒的感受性

人は情動や感情を言葉(言語)と、顔や体など(非言語)を使って相手に伝えます。相手が発する言語的、非言語的手がかりを感じ取るスキルを測定しています。

21.状況モニタリング

状況の観察力を測定します。自分と相手が作り出す対人的な状況をあたかも第三者の視点で観察すること、観察の結果 に基づいて、自分の行動を調整することです。

22.感情的温かさ

周囲の出来事や人に、どの程度、感情的に温かな反応ができるか測定しています。自分が体験・見聞きした事、あるいは人の体験に、感動したり同情したりする事です。

23.感情的被影響性

他人の感情につられて、自分も感情的な変化や反応を引き起こされてしまう事です。簡単に言えば、他人の感情に対する影響の受け易さです。

24.共感的理解

相手が感じていることを相手の立場で理解するスキルを測定しています。「感情的被影響性」と異なり、冷静でありながらも、相手の感情面 が理解できる心の状態です。

25.ライ・スケール

回答者が自分をよく見せようとして意図的に「飾った」回答をしていないかを測定しています。

以上の25項目が25問で分かることから、質問ごとに位置尺度が設定されていることが分かります。が

【BIG5-BASIC】の『EQ適性検査』の結果は?

1.私的自己意識

4点:いつでも自分の心の動きや内面に興味や関心があり、自分の心の状態や動きをつかんでいたいと強く思っています。

2.社会的自己意識

4点:他人からの視線に関心が強く、世間体が気になります。評価や噂に気を配り、周囲の期待に沿う行動を心掛けます。

3.抑鬱性

4点:過去の失敗や過ちをクヨクヨ考えてしまいます。ネガティブにとらえがちで、疲れた感じがして元気が出ません。

4.特性不安

1~2点:初対面の人に会ったり、新しいことを始めるような場面でも、臆することなく取り組めます。

5.自己コントロール

4点:怒りや嫌悪感などの感情の動きも、相手の状況に合わせ上手に調整することができます。

6.ストレス対処

4点:仕事や人間関係で起こるさまざまなストレスに上手に対処することができ、気分転換も上手です。

7.精神安定性

1~2点:人前で非難されたり腹が立つ事を言われても落ち着いています。気分のムラもほとんどありません。

8.セルフエフィカシー

4点:何にも自信を持ってやる傾向にあります。自分の能力の高さや知識量を信じていて、積極的に取り組みます。

9.達成動機

3点:目標達成へのチャレンジ精神はある程度ありますが、リスクは好みません。ねばり強さにはやや欠けます。

10.気分充実度

4点:精神的エネルギーに満ち溢れ、何でも積極的に関わります。毎日が充実感があり人生に価値を見出しています。

11.楽観性

4点:物事を実行中は、何とかなると明るい見通しを持ちます。例え失敗しても長くこだわることはありません。

12.情緒的表現性

3点:喜怒哀楽を相手にほどほどに伝えることができます。

13.ノンバーバルスキル

3点:表情やジェスチャーなどをある程度まじえて、話をしますが、たまにうまく使えないこともあります。

14.自主独立性

4点:人の意見より自分の判断を大切にし、マイペースで物事を進めるのを好む傾向にあります。

15.柔軟性

1~2点:物事を杓子定規に考える傾向が強く、表面的な見え方に影響を受けた判断をしてしまいがちです。

16.自己主張性

3点:自分の意見や判断をある程度は相手に伝えますが、たまに我慢してしまう傾向にあります。

17.対人問題解決力

1~2点:人間関係で問題が生じても冷静に解決策を考え、その結果も予想しながら比較、検討する事ができます。

18.人間関係度

3点:人との関係を大切に思う傾向にはありますが、少数の人以外とはやや冷淡なつきあいをする傾向にあります。

19.オープンネス

3点:他者と積極的に交わろう、人の話を聞こうと努力していますが、時には怠ることもあります。

20.情緒的感受性

3点:人の真意や感情を読みとろうとしていますが、相手の言葉をそのまま鵜呑みにすることがあります。

21.状況モニタリング

4点:状況を客観的に観察し、正確な判断のもと適切な言語をとることができます。

22.感情的温かさ

3点:自分の体験や見聞きする事にある程度の感動を覚え、他人の体験にも関心を示し、たまに同情する事もあります。

23.感情的被影響性

1~2点:他人の感情の影響を受けない傾向にあり、周囲の人たちが動揺していても、一人で超然としています。

24.共感的理解

3点:ある程度相手の話を最後まで聞くことができ、相手の立場になって内容を理解することも比較的できています。

25.ライ・スケール

1~2点:率直な気持ちでお答えいただいているでしょう。

 

全て確認するのは大変ですが、1問1尺度で解説していると思われ、説問に対しての答えそのものですが概ねあっているように感じました。

 

まとめ

以上、『EQ適性検査』でした。

グラフ等はなくすべて文字情報で読むのが大変ですが、25問で得られる情報量とは思えない結果量でした。一つ一つ見直すことで自己分析ツールとして大変役立つと思います。

興味深いところでは【BIG5-BASIC】同様、簡易ではありますがテストに対する信頼性(ライ・スケール)があり、この検査が信頼できるかどうかが分かります。

皆様もぜひ【BIG5-BASIC】と『EQ適性検査』どちらも試してみて自己理解を深めてみてはいかがでしょうか。

BIG5-BASICとの比較表

 

『EQ適性検査』 BIG5-BASIC
質問数 25問 120問
所要時間 5分 15分
結果文字数 約3000文字 約2000文字
ベース理論 EQ ビッグファイブ理論
テストの信頼性
タイプ分け(類型) × ×
結果内容 25尺度の特典、および解説 BIG5グラ/個人の性格特徴別の説明/テストの信頼性

 

自分に対する『嘘』を見抜き、本当の性格を知りたくないですか?

「BIG5-BASIC」は約15万人分のBIG5データから性格を分析し、性格検査最大の欠点である質問文に対する『嘘』を見抜きます。

関心をお持ちの方は下記ボタンからぜひ一度試してみて下さい。

BIG5-BASICを試す

 

※ビックファイブ診断に興味がある方は 下記の比較記事もあわせてお読みください。

【2022年厳選版】無料でできるおすすめ性格診断テスト『ビッグファイブ理論』編ネットでできる無料【性格診断】おすすめ5選『ビッグファイブ理論』編 これまでWEB上で無料でできる本格的な性格診断サイトを紹介してきま...