エゴグラム

【性格診断】『データでわかる辛口性格診断』で自己分析!【エゴグラム】

【BIG5-BASIC】が他サイトの性格診断をやってみた!『データでわかる辛口性格診断』編

データでわかる辛口性格診断』は検索順位で常にTOP3に入る、有名な性格診断サイトです(2022年7月時点)。

問題数は25問、「非常に当てはまる」から「全く当てはまらない」までの5段階評価から質問に回答していきます。最後に性別、年齢、血液型、星座を入力します。所要時間は約3分ほどでした。

回答終了後、赤いトウガラシのイラストをクリックすると診断結果が表示されます。結果を見る前から辛口を予見させるユニークさがあります…

 

※他の性格診断にも興味がある方は 下記の比較記事もあわせてお読みください。

【2022年厳選版】無料でできる性格診断テスト「おすすめ10選」ネットでできる無料【性格診断】おすすめ10選 これまでWEB上で無料でできる本格的な性格診断サイト(22サイト)を紹介してきましたが、...

 

『データでわかる辛口性格診断』でわかること

データでわかる辛口性格診断』はエゴグラム理論に基づいて作成されています。エゴグラムは自我の状態を5つに分けた性格分析方法です。

まずはじめに診断者の性格を一言で表現します。

 

ちなみに【BIG5-BASIC】は

・一回目は「冷静沈着」タイプ

・二回目は「唯我独尊」タイプ

に分類されました。タイプはすべてで何種類あるのかは分かりませんが、「冷静沈着」タイプは2.3%、「唯我独尊」タイプは1.6%で存在するようです。

均等に考えれば25タイプ程あるのかなと予想できます。

分かること

あなたはこんな人

タイプ別の概要説明があります。プラス面、マイナス面、やや辛口なマイナス面、仕事面が300文字程で表現されています。

「冷静沈着」タイプを簡単にまとめると

「現実を正しく認識できるが自分勝手、人付き合いを好まず、孤独を愛し、人の気持ちが分からない、人とのかかわりを避けながら職は変えない、企業にとっては好まれる人材」

のような解説でした。少しネガティブ目(=辛口?)の説明かなと感じました。正直あっている半分、違う半分といった感想です。

TEGパターングラフ(エゴグラム)

・CP:批判的な親の自我状態

・NP:保護的な親の自我状態

・A:大人の自我状態

・FC:自由な子供の自我状態

・AC:順応した子供の自我状態

上記五つの指標を高・中・低3段階のグラフで表現します。自分はどの指数が強く働いているか、弱いのはどの部分かの参考になります。

基本属性

質問の最後に記入した性別・年齢・血液型・星座をもとに、これまで診断された方の統計情報が分かります。

おそらく診断の総数からではなく、タイプ別の男女比率等を表現したものであり、あまり診断とは関係ない情報ですが、このタイプの人は男性が多いなど考えることができます。

ただ1,100万人受験されていることも考えれば血液型などは日本人の統計比率と比例しているのかなと感じました。

データでわかる辛口性格診断』を診断した方の分析データが分かり、分析好きには興味がある項目ですが、正確にはあまり必要ないかなと勝手ながら思いました。

その他解説

最初に記載されたタイプ別に下記7項目が100文字前後の文章で説明されています。

・価値観

・生活

・ストレス

・仕事

・恋愛

・交友関係・ネットワーク

・お金・消費

上記の解説文に加えそれぞれのタイプに特徴的な設問文が付け加えられています。

「価値観」の場合はBEST3、「生活」の場合は休日の過ごし方BEST3、ストレス解消法BEST3などがデータに基づき記載されています。

それぞれ関心の高いテーマになっているためとても参考になりました。

芸能人・有名人ならこのタイプ

最後は「16Personalities」にもあった、「自分がどの有名人と似ているか?」です。

BIG5-BASIC】にはない部分で、私の場合松本人志さんやマツコデラックスさんとの結果でした。最後に似ている有名人の指摘を受けると、やはり診断結果に親近感を感じます。

BIG5-BASIC】でも表現したいのですが、「この芸能人はこんな感じ」という予想に基づく分類になるので採用していません。

実際に芸能人の方に受けてもらいデータが取れれば実現できるのですが、難しい話です…

まとめ

結果として2回行いそれぞれ別のタイプに診断されました。2回いずれもTEGパターンや解説文も少し違った感じの印象になったため、妥当性に関しては少し疑問を感じる部分がありました。

ただ2回とも解説文を読むと自分に当てはまる感じがして、その時の感情で結果が動く印象を持ちました。このことは診断前にも「ゆらぎ」と表現されているため、前提になっているようです。「16Personalities」や【BIG5-BASIC】の結果は短時間であまり大きな変化はないので少し違うところだなと感じます。

辛口診断とのことでドキドキしながら結果を見ましたが辛辣な表現もなく、とても納得できる文章で表現されていると思います。

皆様もぜひ【BIG5-BASIC】と『データでわかる辛口性格診断』どちらも試してみて自己理解を深めてみてはいかがでしょうか。

BIG5-BASICとの比較表

 

データでわかる辛口性格診断 BIG5-BASIC
質問数 25問 120問
所要時間 3分 120問
結果文字数 約2000文字 約2000文字
ベース理論 エゴグラム ビッグファイブ理論
テストの信頼性 ×
タイプ分け(類型) ×
結果内容 性格タイプの説明や統計情報/TEGグラフ BIG5グラフ/個人の性格特徴別の説明/テストの信頼性

 

自分に対する『嘘』を見抜き、本当の性格を知りたくないですか?

「BIG5-BASIC」は約15万人分のBIG5データから性格を分析し、性格検査最大の欠点である質問文に対する『嘘』を見抜きます。

関心をお持ちの方は下記ボタンからぜひ一度試してみて下さい。

BIG5-BASICを試す

 

※ビックファイブ診断に興味がある方は 下記の比較記事もあわせてお読みください。

【2022年厳選版】無料でできるおすすめ性格診断テスト『ビッグファイブ理論』編ネットでできる無料【性格診断】おすすめ5選『ビッグファイブ理論』編 これまでWEB上で無料でできる本格的な性格診断サイトを紹介してきま...